外出先からでも 年賀状出せるサービス 「ウェブポ」試してみた

買ったもの・レビュー

「メールやSNSで連絡できるから年賀状わざわざ出さなくても…」と、若者の年賀状離れが進みつつある昨今ですが、私はアラフォーに突入し、ようやく年賀状の重要さに気が付きました。

年賀状の重要性に気が付いたのでウェブポを試すことにした

普段からよく会う人はともかく、年に一回会うか会わないかわからない程度の付き合いがある親戚や学生時代の友達に改めて「元気ー!?」と連絡を入れるのはなかなかハードルが高い。

程々の距離感を保ちつつも関係を続けるという行為が私のようなコミュ障には大変難しいものです。
思い切って連絡してみて「誰だったっけ?」な反応を返されたらと思うだけで心が挫けます。

そんな時、年賀状を出すことでこんな効果が期待できます。

  1. 年賀状を受け取った時点で「誰だっけ?」と思う
  2. 頑張って思い出してくれるかも
  3. 年賀状というワンクッションを設けることで「誰だっけ?」を回避!

メンタル弱い自分にとって、年賀状を送る行為は人づきあいを円滑に進めるのに重要なツールであると気が付きました。
そんなわけで年賀状を出したくなったので、ネットから年賀状を注文できるウェブポのお試しキャンペーンに挑戦してみました。(キャンペーンは2019年12月20日までの期間限定でした)
ウェブポ(年賀状総合サービス)

ウェブポはウェブ上の操作だけで年賀状を送れて便利

ウェブポは年賀状のデザインや「今年もよろしくお願いいたします」といったあいさつ文の追加、送り先の住所入力などを入力するが、かなり感覚的に操作ができて分かりやすいです。

大きめのボタンで「すすむ」「もどる」と表示されていたり、右上に進捗状況が表示されていたりしています。
「保存」のボタンを押しておけば、操作途中で席を外す必要があっても続きから作成可能。

あいさつ文も文字の大きさや縦書き・横書き・配置を設定できます。
あいさつ文を考えるのは苦手なんですが、例文が用意されていてめっちゃ便利でした。

スマホからでも操作可能です。
つまり家にいなくても、外出先からでも年賀状が作成できます

図案も豊富・年賀状以外でも利用できる!

ウェブポの魅力は図案が豊富なところ。

かわいい系イラストや落ち着いたシンプルなもの、家族写真をはめ込むだけで完成するフレームものなど、沢山のデザインから選ぶことができます。

喪中・寒中見舞いや結婚・出産の報告、引っ越し等のあいさつ状に使えるデザインも用意されており、年賀状兼あいさつ状としても利用可能です。

年賀状シーズン外だと「カレンダー」「グリーティング」のみ利用可能です。
図案は少なめですが自作デザインや写真のみの利用もできます。

ウェブポだと年賀状を投函してくれたりもする!

今回はお試しで作成したので自宅に送ってもらいましたが、ウェブポで作成した年賀状は送付方法を選ぶことも可能です。

  • ウェブポで住所を入力して相手住所に送ってもらう
  • 自宅に送ってもらって、自分で宛先を記入する

すでにパソコンで年賀状ソフトを利用している場合、年賀状ソフトで使用している住所録のデータをウェブポでも利用できるので、住所入力が面倒!という人も安心です。

さらに住所を知らない相手にもSNSやメールにメッセージを送ることで年賀状を受け取ってもらうサービスがあったり、とても便利です!

ウェブポを利用する一番の魅力とは?

ウェブポの利用する一番の魅力は、「自分で年賀状を買いに行く必要がないこと」です。

事前に年賀状を購入して、いざ送ろうとすると枚数が足りなかったことも。

足りない分買いに行くとキャラクターものの年賀はがきしか残ってなかったり…

あと、プリンターのインクが切れて印刷できなくなった事もあります。

そのへんのありがちなトラブルはウェブポの利用で回避できてしまいます。

いしべ
いしべ

ネット上でデザイン決めて、住所入力しておけばウェブポ側で投函してくれるので手間が減らせるし、はがきやプリンターの事で右往左往しなくてよくなるしでめっちゃ便利!

リンクシェア レビュー・アフィリエイト

コメント

タイトルとURLをコピーしました